外国人派遣の求人状況と傾向について

近年の日本企業の海外進出の背景に、海外との取引が増えはじめ、現地の言葉や文化を理解することができる外国人派遣の要望が増加傾向にあります。
この流れを受けて正社員での求人はもちろん、派遣社員として外国人を雇用するケースが増えています。
翻訳や英語・中国語の資料作成、貿易などの事務職、外国人観光客に対する接客や販売に関する職、外国人に向けたカスタマーサポートやコールセンターなど様々な職種があり、外国人の社員が活躍しています。
プログラマーやエンジニアなどの専門性が高い外国人派遣の求人も一部ありますが、多くは外国語を活かす仕事になります。
語学学校の教師であったり、翻訳や通訳などの語学力が問われる専門職です。
日本を訪れる中国人観光客が経済発展と共に増加していますので、日本企業の多くが中国の取引先とスムーズにコミュニケーションを取るために、中国語や中国文化が理解できる貿易人材を必要としています。
外国人派遣が様々な業界で活躍しているので、興味がある業界や職種に挑戦してみましょう。