外国人派遣の基礎知識につきまして

外国人労働者というのは、基本的には次の2種類に分類することができます。
それは単純労働者と高度専門労働者の2種類です。
高度専門労働者というのは、正社員などのように採用期間に定めがないものを言います。
一方、単純労働者というのは、採用期間に定めがあるものをいいます。
たとえば、外国人派遣というものがそれにあたります。
現在においては、まだまだ前者の外国人派遣の割合が高いですが、今後は高度なスキルを持った外国人が急増するといわれているので、後者の割合が増える見込みです。
外国人労働者を採用する上できちんと把握しておかないといけない問題はいろいろあります。
代表的なものはビザの問題です。
職務内容がビザが許容している範囲内にあるのかどうか、それをあらかじめ知っておかなければいけません。
しかし、そうした制度的な問題だけではなく、外国人自身の理解も重要です。
外国人が契約意識が非常に強いため、労働条件をしっかりと書面で明記して誤解がのちのち生じないように理解してもらうことも大切なのです。

愛車を新車のようにきれいにしてほしい
あなたの自慢の愛車、私たちが直します!

車を点検して、問題があるところは修理してほしいです。

忙しい社会人でもしっかり学べる実践型コミュニケーションスクールでひと味違うビジネスマンに

個人・法人の方のお悩みはこちら

土日・夜間対応のユタカ労務・行政事務所
大阪で韓国人のための帰化申請をお手伝いしています